女の人

美しさはケアで維持|お尻にあるニキビもきっとなくなる

胸に作用するクリーム

バスト

有効成分が入っている

バストアップに効果のある化粧品として、クリームが代表的な存在となります。バストアップクリームには、胸を大きくするために有効な成分が含まれています。バストアップクリームに含まれている代表的な成分は、ボルフィリンです。胸を大きくするためには、脂肪細胞を分化する作用のある成分が含まれていることが大切になります。ボルフィリンは脂肪細胞を増やすことが可能で、さらに分解した脂肪細胞を蓄積することに優れています。分裂によって増えた細胞が減りにくい特徴を持っていますので、ボルフィリンがバストアップクリームの有効成分として広く使用されています。ボルフィリンの次に定番の有効成分として、プエラリアとイソフラボンがあります。これらの有効成分は、女性ホルモンの分泌を促す作用があることから、バストアップに有効であると考えられています。

マッサージするのが良い

バストアップクリームには胸を大きくするための効果のある成分が入っているものの、正しく使用しなければ効果が現れないので注意が必要です。バストアップクリームには塗り方があって、ポイントとしてはマッサージをするように塗ることと言えます。胸の周辺にはリンパが流れていますので、マッサージをすることでリンパを刺激して老廃物を排出しやすくなります。リンパの流れをスムーズにすることができれば、バストに多くの栄養素を届けられるようになるのでバストアップの効果が得やすくなります。クリームに配合されている有効成分がしっかりと胸の中まで浸透するように、マッサージしながら塗ることが効果をアップさせる方法です。マッサージの方法としては、下から上へ持ち上げるようにする方法や、内側へ寄せるようにする方法が効果的です。